スポンサーリンク

豹変

03.エマ&デナ / Emma & Dena

(今日はデナ目線でお伝えしまーす)

パパ「おはよー、デナ。エマはまだ眠そうだね。」

 

おはよう、パパさん

私も起きたばっかりだけど、エマはまだむにゃむにゃ言ってるよー。

 

エマ(ぼけ~。。。)

パパ「そろそろご飯の時間だけど、寝起きで大丈夫かな?」

 

うん?パパさんどこ行くの?

あれ、もしかしてこの匂いはミルク?わーい、ごはんの時間だー!

いっぱい寝たからお腹もすいてるんだよね。

早くミルク飲みたいなぁ。

ってあれ?

パパさんミルクのスポイト1つしか持ってなくない?

どっちか後でってこと?それとも我慢しないといけないの?

 

 

エマ “うーん、デナおはよう~”

ああ、エマも起きちゃったよ。

・・・でもエマはまだ寝起きだしね。

私のほうが先に起きて、お腹もすいているし!

私が先にミルクもらうね!!

 

えいっ!

エマ “いたたたた!ちょっ、デナいたいよっ”

 

ごめんエマ、がまんして!

私お腹減ってるの!!

 

エマ “何?!ミルク?!やだよ、私も飲みたいよー”

 

パパ「あーー!エマ大丈夫か!!?

   ちょっ、デナ?!すごい顔してるよ?!」

 

大事なごはんがかかってるのに、かわいい顔なんてしてらんないよ!

いただきまーす!

 

パパ「エマも起きたばっかりなのにそんなにミルク飲みたいの?」

 

エマ “パパさん、わたしも飲みたいー!なんでスポイト1つしかないのー?“

 

 

 

 

あーおいしかった!

やっぱり朝一番のミルクは最高だね!

 

エマ “うう、私はほとんど飲めなかったよう・・。”

 

パパさん、エマもまだお腹減ってるしもっとミルク頂戴?

 

パパ「デナ・・。いまさらそんなかわいい顔しても・・。」

 

ん?何か言った?

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました