スポンサーリンク

順番!!

03.エマ&デナ / Emma & Dena

『エマ、デナおはよう。起きてるかな?』


んん~。パパさんおはよう。
起きてるよー!

デナも起きてるよ~。
おはよう、パパさん。


『おはよう。
 あっちにミルク用意してあるから、ちょっと動かすね。』

はーい!!

 

デナ見て!高いよー!

そうだね、エマ。
おうちよりも高くてちょっとドキドキする!
パパさんに抱っこされると色々なものが見えておもしろいねー!



ねぇ、デナ。あっちのドアはどこに繋がってるんだろー?
今度パパさんに内緒で探検してみようよ!

んー?どこどこ?
あー!あっちはね、パパさんの寝るところだから
デナ達は勝手に入っちゃいけないんだってー。
この前気になって入った時に、パパさんが教えてくれたの。

ふーん。そうなんだ。
エマも行ってみたかったなぁ。

『はい、到着ー。』

 

わーい!ミルクだミルク♪
お腹空いたね、デナ。

ねー!
もうわたし、お腹ペコペコだよ~。

いただきまーす!

 

『今日も沢山飲むねー、デナ』

わ、わたしの分も残してね、デナ!
んくんく… 大丈夫!ちゃんと残しておくから~。

 

『心配しなくても、ちゃんとエマの分もあるから大丈夫だよ』

ホ、ホントに?エマのミルクある?

『ホントホント。ちゃんとあるよ。』

よ、よかったー。デナに全部食べられちゃうんじゃないかって心配だったの。
じゃあ、エマいい子だから、デナが終わるのいい子に待っておこ~♪

 

……じー。

 

『(もの凄く見てる…笑)』

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました