スポンサーリンク

その先に・・・

01.エマ/Emma

『エマ出ておいで〜!』

どうしよう・・・
さっき、パパさんのことを噛んだから、きっと怒られるんだ。

違うんだよ、パパさん。
パパさんがポケットに手を入れてくれた時、とってもいい匂いがしたの。
だからね、噛んだら、もっと美味しいんじゃないかって思ったんだけど・・・

パパさん怖い顔してるのかな。
寝たふりしちゃおうかな・・・・

でも、呼んでるし・・・はい、すぐに出ます・・・

 

『エマちゃん、これ、どうぞ』

ハッ・・・!!
こ、これは、あの時の赤いチクチク!!

とっても、いい匂いなんだけど、ペロペロしたら、チクチクしてて・・・
なんだか怒ってるみたいだったから、怖くなって、そっとしておいたの。

でも、もしかして、チクチクは怒っていたわけじゃないのかな
チクチクのその先に、美味しい♪があるのかな?

パパさん・・・わたし、ちょっと、勇気を出して、食べてみようかな。
チクチクが怒らないように・・・そーっと、そーっと、近づいて・・・

パクッ! んんん??

あまーい♪パパさん、これ、すごく甘くて美味しいね!
チクチク、初めは少し痛いけど、モグモグしてたら、すぐ消えちゃうんだね!

それから・・・クンクン・・・あれ・・・この匂いは・・・
さっきのパパさんの手と同じ匂いだ!!

そうか、パパさんは、これを準備してくれてたんだね。
ありがとう、パパさん♪
でも、パパさんは、このチクチク、触っていて痛くないの?

 

今日のおやつは大冒険しちゃったな。

あっ、そうだ!
この前、デナも、あの赤いチクチクが怖いって言ってたから、
教えてあげなきゃね♪
大丈夫だよ、本当は美味しいんだよって!

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました